軽自動車からの撤退自体は、2008年から決まっていたことなのですね。軽自動車に人気は集まっていますが、残念ながらスバルは撤退です。 関連記事. スバルが軽自動車の自社開発からの撤退を発表したのは、忘れもしない2008年4月10日。多くのスバリストを絶望のどん底に追いやった日である。同年12月16日のwrc撤退発表と並んで、スバリスト暗黒の1 富士重工業(スバル)は、トヨタ自動車との連携を機に、軽自動車事業からの撤退を決めた。スバルの軽自動車事業を巡るこれまでの変遷を紐解いていくと、「トヨタとの連携」を決めたスバルの事情が、より深く理解できる。グロービス経営大学院客員教授・田崎… 軽自動車撤退で胸をなで下ろした関係者もいた たとえば、いまも多くのスバルファンから深く愛され続けている名車r1も、見れば見るほど「よくこんな贅沢な内容の商品企画が実現したものだ」と驚愕させられるポイントだらけ。 スバルが軽自動車から撤退したのは、作っても作っても赤字だったらしいですが。 本当ですか。 EN07エンジン・排気ガス規制の関係 新しく開発 OEM車・導入販売の方が 自車コスト削減に 「てんとう虫魂」は死なず、スバル「軽」撤退.