ただしエクセルのピボットテーブルレポートでは「以上~未満」の区分けしかできません。 ご相談のように「を超えて~以下」で区分したい場合、とりあえず >150超160以下 を150.01以上160.01未満のように読み替えて作成します。 「ピボットテーブル オプション」ダイアログの レイアウトと書式 タブ「書式」グループの 空白セルに表示する値 に0を入力し[ok]を返します。 以上の作業で,当該の階級に0が表示されたかと思います。 ピボットテーブルは、数式を使わない集計方法です。 列名と同名のフィールドをレイアウトするだけで、いろいろな集計を簡単に行なえます。 年齢などの数値データは、一定範囲でグループ化して集計することもできます。 Excel 2016/2013/2010/2007 [ピボットテーブルのフィールド]エリアの右下の[値]の"合計 / 得点"の要素をクリックして選択し、右クリックします。下図のポップアップメニューが表示されるので、[値フィールドの設定]メニューを選択します。 [値フィールドの設定]ダイアログが表示されます。表示された状態では[選択した 今回は、ピボットテーブルにおいて、文字列・日付・数字などで構成された部類項目をグループ化して集計する方法を説明しました。 また、行フィールド、列フィールドの項目で表示不要な項目を表示しない方法を説明しました。 ピボットテーブルを利用して、データの値ごとにデータの個数を集計する手順を紹介します。 具体的な例では、アンケートなどで選択肢の項目の値ごとに、その選択肢を選択した人が何人いるかを集計する場合に利用できます。 このデータから、「155.0(cm)以上160.0(cm)未満」「160.0(cm)以上165.0(cm)未満」・・・のように5(cm)間隔に階級を設定して度数分布表を作るには 【要点】 ピボットテーブルを作ってから、行見出しを右クリックして「グループ化」する。 度数分布表を作成するには、行のフィールドへドラッグしてピボットテーブルを作る作業と、そのフィールドをグループ化する作業が必要です。 グループ化を解除するとグループ化する前の状態に戻ります。 今度は20点刻みにしてみましょう。 ピボット テーブルツールの[オプション]タブを選択し、[グループの選択]を実行します。 選択していたアイテムがグループ化されました。 「グループ1」とグループ名が付きました。 他の型番(b,c)も同様にグループ化しました。 グループ名を変更する 具体的には、列、行でクロス集計を行いたく、行には「1未満」「1以上10未満」「10以上50未満」「50以上」という様に不規則な範囲として、それぞれの範囲の合計値を集計したいです。 ピボットテーブル上でSUMIFSを組み合わせるなどして実現できるでしょうか? 投稿日時 - 2013-05-02 22:37:06. 空白セルがあるといくらピボットテーブルで表示しないにしても グループ化できません。 空白セルがない様に範囲を変更して・・・ 前の回答にも書きましたが 末尾1500 では1000以上1500以下 になります 1000-1500 2 追記:データに小数点以下があれば 注: Excel 2016 の時刻のグループ化は新しい機能です。時刻のグループ化を使用すると、ピボットテーブルに時刻のフィールドの行を追加する際に、時刻に関連するフィールドにまたがる関係が自動的に検出され、まとめてグループ化されます。

ピボットテーブルは、数式を使わない集計方法です。 列名と同名のフィールドをレイアウトするだけで、いろいろな集計を簡単に行なえます。 年齢などの数値データは、一定範囲でグループ化して集計することもできます。 Excel 2016/2013/2010/2007 上記の「150-160」は、150以上・160未満の意味です。160ちょうどは、この区分に入りません。 Groupメソッドのパラメータは次のとおり。 Start グループ化する際の下限値 省略すると、該当Rangeの最小値が採用される。 End グループ化する際の上限値