分配金は主に投資信託で使われる用語です。 分配金の仕組みは、信託された資金のうち、いくらか(これを分配可能原資と呼びます)を、予め決めていた決算日に、信託した人へ、所有する口数に応じて分配するという形になります。 「配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書」は、法定調書の1つです。 企業は、株の配当金や利益剰余金の分配、配当を実施した場合に、これらを受け取る方ごとに「配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書」を作成し、税務署へ提出します。

-2- 千葉経済論叢 第40号 分配、配当を中心に論を進める。 その前に資本剰余金と利益剰余金の混同の問題に触れる。会社法上利益準備 金を資本に繰入れることができるかについては明らかにされていない … Title: 配当、剰余金の分配及び基金利息の支払調書合計表 Author: 株式会社日本法令 Last modified by: 株式会社日本法令 Created Date: 1/31/2001 7:18:00 AM Company: 株式会社日本法令 Other titles: 配当、剰余金の分配及び基金利息の支払調書合計表

[手続名]配当等とみなす金額に関する支払調書(同合計表)|国税庁 こちらの調書の28年分以降の様式です。 配当等とみなす金額に関する支払調書.xlsx - Google ドライブ 要するに、①剰余金の配当を金銭以外の資産の交付 により行う、または、②資本剰余金の減少に伴う剰余 金の配当、残余財産の分配、自己株式の取得等のみな し配当事由により金銭以外の資産の交付をすることを 「現物分配」と定義しています。 配当所得とは、株主や出資者が法人から受ける剰余金や、利益の配当、剰余金の分配、投資法人からの金銭の分配、投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外のもの)及び特定受益証券発行信託の収益の分配などに係る所得をいいます。 「配当等」とは、株主や出資者が法人から受ける剰余金や、利益の配当、剰余金の分配、投資法人からの金銭の分配又は投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外のもの)及び特定受益証券発行信託の収益の分配などをいいます。 剰余金の配当を行うときには、配当の効力発生日の「その他資本剰余金」と「その他利益剰余金」の額を計算。 これに所定の調整を加えた上で、その時点での分配可能額を計算します。
配当金を狙い、株を購入したのはいいけど、正確に配当金がどういう基準で決まるのか、判断基準やどうやって計算するのか理解している方は少ないでしょう。 配当金の決定する判断基準と計算方法を理解 … みなし配当とは、法人税法23条に規定する剰余金の配当または分配等には該当しないものの、実質的に剰余金の配当と変わらないため、これを法人税法上配当とみなして、受取配当等の益金不算入の規定の適用を受けることができるとされた一定の金額をいいます。 みなし配当は税法上では「資本の払い戻し」にあたるものの、実質的には金銭や株式が株主に配当されます。そのため、会計上では「受取配当金」とみなされますが、その計算方法や納税方法がとても複雑になります。そこで、みなし配当にかかる税率や計算方法について解説します。 定義. 今回は、『配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書』をご用意いたしました。 Download Contentsページへ こちらは、次の平成28年分以後の支払調書と合計表のひな型をもとに作成しました。 法定調書関係