枕に顔を近づけた時、なんだかよだれ臭い!と感じたことはありませんか?しかし、枕を洗濯することは出来ないため、なんとなく臭いを消してごまかしていることが多いです。ここでは、そんな枕の手入れの仕方について解説をしています。 枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗にしたいと考えている人も多いでしょう。 しかし、枕は洗えるものと洗えないものもあると 言われているので自分が使っている枕はどのような 対処法をしたらいいのか分からないことがあります。 基本は枕カバーをマメに、2~3日に一度は洗濯すること。ところが、「洗濯機へポイ」だけでは落ちにくいのが枕の黒ずみと臭いの憎らしいところ。皮脂汚れは落ちにくく、黒ずんで見えてなくても顕微鏡で見ると繊維に汚れが残っているといいます。 毎日寝ている時に使う枕ですが、枕カバーを外したら黄ばみが染み付いていた!なんて事はありませんか?洗える枕も普通に洗濯するだけでは黄ばみが取れていないことが多くて、カバーで隠していました。しかし簡単な方法で黄ばんでいた枕が真っ白くなるんです。 枕が臭い・・・ 自分の枕が臭う!という人もいるかもしれませんが、旦那さんの枕の臭いが気になる!という人もいるのでは?(^^; 女性でも加齢に伴って次第に枕に臭いが付きやすくなったり、唾液などはスグに臭いの原因となってしまいます。 気持ち悪いのはもちろんですが、汚い不衛生な枕は、寝心地も良くなくなるので睡眠の質が下がります。 そこで、私がおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。 50回洗濯洗いしても形状変化0だから本気で丸洗いできる。 洗濯機だけでなく乾燥機もok。

枕から動物の臭いが・・・ 自分のまくらから汗の臭いや加齢臭がしてもあまり気になりませんが、動物の獣臭がするとなったら話は別。なんでまくらからそんな臭いが・・・、と思いますが羽毛まくらやフェザーまくらを… 最近枕カバーの臭いが気になる。そう思っている方は意外と多いものです。寝具は毎日使う割には、こまめに洗濯をしているという方は少ないでしょう。そこで、今回は枕カバーの正しい洗い方をご紹介します。枕カバーは、寝具の中でもとりわけ洗濯回数の少ないものです。 枕の正しい洗濯方法を知って汚れや臭いをしっかり落としましょう!いくら頭を清潔にしていても寝ている間に枕からダニや雑菌、カビ、ニオイ菌などが頭皮に移ってしまい、それがニキビや抜け毛、更に脱毛症や湿疹のもとになっちゃうんです。 枕カバーの臭いをかぐと「うっ・・・」とくるということはありませんか? 洗濯してもすっきり取れないと、せっかく洗った髪まで臭くなってしまいそうで気になりますよね。 枕カバーの臭いが取れない時の洗濯ってどうすれば良いのか? 重曹で洗うと取れるというのは本当なのか? 旦那や夫の枕の臭いが気になりませんか?洗濯しても取れない臭いをセスキ炭酸ソーダで臭いを取ることが出来ます。枕に臭いがつく原因を知ることで簡単に臭いを取りましょう。 誰もが一度は枕のニオイを気にしたことがあるのではないでしょうか。毎日使うものなのでニオイがついたままでは気持ちよく寝られませんよね。また、家族から「くさい」と嫌がられたことのあるお父さんも多いのはないでしょうか。加齢臭だから仕方がないと割り切っていませんか? 臭い枕への対策をまとめると、まずは、 ①枕カバー・側生地をこまめに洗う。 ②枕の中材を乾燥させる。 ③中材を水洗いする。 の3つの行い、それでも改善が見込めない場合に. ④あなたの生活習慣を改善する ⑤寝具アイテムを活用する