エクセルのよく使うショートカットキーを紹介します。日付や時間の入力、色の塗りつぶし、シートの移動、セルの行や列の追加と削除、カーソルの移動や範囲選択の使用頻度の高い5つのショートカットキーを解説します。 セルの背景色を塗りつぶしたい場合は多々あります。マウスの操作が面倒と言う方にはショートカットキーを利用すると便利です。しかし塗りつぶしのショートカットは用意されておりません。その場合の2つの対策方法をご説明します。


テクニック7 色域指定 色域指定はイメージ写真の色合いに応じて、選択範囲を調整することができる便利なテクニックのひとつ。 ハイライトやシャドウを選択したいときや、写真の特定カラーのみを切り抜きたいときなどに最適です。 【Photoshop基本操作】[特定色域の選択]とは、他の色に影響を与えることなく、特定の色だけを選んで補正することができる色調補正ツールです。カラーの構成要素はプロセスカラー(CMYK)が対象ですが、RGB 画像にも直感的な補正が簡単に行えます。 オープンソースのgimpでは画像の切り抜き選択方法は、自由選択、ファジー選択、色域選択、電脳はさみ、前景抽出選択、パスからの選択と6つあります。 切り抜く絵柄により最適な方法を選んで使うこと … 「色域指定」コマンドを利用して選択範囲を作成する [色域指定]コマンドを利用すると、既存の選択範囲または画像全体から、指定したカラーの領域の選択範囲を作成することができます。以下ではカップの色を選択して、さらに色を変更してみましょう。 セルや範囲を選択するショートカットキーを使えば、一瞬で列や行全体を選択したり、オブジェクトをすべて選択したりすることが可能です。今までマウスで広範囲を頑張ってドラッグしていた方もショートカットを覚えて作業効率をアップしましょう! 「フォントの色をショートカットキーで設定したい」というご質問をいただきましたのでご紹介します。 1度フォントの色を選んでおくだけで、いつでもその色をショートカットキーで適用できるので大変 … とりあえずは色域選択で解決致しました。 ご紹介いただいたツールも便利そうなので導入を検討したいと思います。 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 著作権と商標について | 特定商取引法に基づく表示 | 資金決済法に基づく表示 | お問い合わせ |