休みが多い、遅刻や早退が多いといってもすべて心身の不調ではないものの、何らかの持病があると症状が悪化して体調を崩すこともあるでしょう。また、長時間労働が続いていると、心筋梗塞や心不全、脳出血などによる過労死の可能性が高くなります。 遅刻・早退した場合に賃金・給料を減額・カットすることは違法とはならないのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。賃金・残業代等の不払いでお困りの方のお役に立てば幸いです。 今回は「遅刻、早退が多い社員を解雇する方法とは?」を解説します。 勤怠不良に関するご相談は、いつでも全国から数多く頂きます。 遅刻、早退等の勤怠に問題がある社員は、社会人としての常識を欠き、 遅刻や早退、突然の欠勤は、原則、どのようなケースでも勤怠不良に当たることを自覚してもらいます。 これは、当事者の「自分に責任のある理由ではないので、会社が対応するのは当たり前」という態度を防ぐためです。 遅刻・欠勤が多い勤怠不良の問題社員に対する勤怠改善方法をご紹介します。質の高い企業向け社員研修・社員教育はjaic(ジェイック)にお任せください。 遅刻で寝坊や体調不良で無断欠勤…デキるビジネスマンなら、あまりに何度もしてはいけませんが、どうしても仕事を続けていると気を抜いてしまうこともあります。 急な体調不良で欠勤・遅刻するとき、メールで欠勤の連絡をする場合があります。ここでは電話をかけられない状況での体調不良を伝えるメールの書き方と、マナーをお伝えします。 病気で通勤できないと遅刻や欠勤を繰り返す社員、会社の対応は? a社は保険代理業を営む会社です。a社に勤務して3年目になるbさんは、ある日から朝起き上がろうとすると体に力が入らなくなったり、激しい腹痛に襲われるようになりました。そのため、bさ… 具合が悪い時は即相談!体調不良で遅刻・欠勤になってしまうときの対処法|ジョブマガジンは、工場を初めとした、ブルーカラーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。