Word、Excel、PowePointの3つですね。 iPad Proの場合、アプリ自体はApp Storeから無料でダウンロード可能ですが、使用にあたり下記3つの注意点があります。 3.USBメモリ『HooToo』で閲覧 『HooToo』は、iOS端末対応 USBメモリです。 専用アプリと連携して MSオフィス文章や PDF などを閲覧できます。(画像や動画を見ることも可能です。 或いは、iPadでダウンロードしたPDF、作ったエクセル、WordドキュメントをUSBメモリーにコピーして印刷したりしたいと、大変です。 「iPadからExcelのデータをパコソンまたはパソコン用のUSBに転送するにはどうしたらいいでしょうか?
これでUSBメモリーへの保存が完了しました。 パソコンでは、 各種アプリ(Word、Excel)から直接保存先をUSBメモリ に行うことができますが、 iPadでは、 各種アプリ→ファイルアプリ→USBメモリー という流れになります。 出先でもワード(Word)やエクセル(Excel)のファイルを編集する必要がある場合があります。 そのために重いノートパソコンを持ち歩くのも1つの方法ではありますが、普段使っているiPhoneやノートパソコンより軽くて小さいiPadでもマイクロソフトOffice(Office Mobile)を使うことができます。