Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はWindows PowerShellによるExcelファイルの自動生成に注目する。 高速化 高速 読み込み 書き込み 戻り値 引数 実行結果 実行 呼び出す マクロ実行 セル シートコピー run excelファイル excel optimization powershell vbscript powershell-v2.0 Excelに書き込みを行う。 動作は遅いが柔軟な処理ができる。 例:n番目のデータの形式を変換、文章内に「カンマ」がある場合の処理など. シートへの高速なアクセス 前ページにおいて、VBA から Excel のシート (表) にアクセスする方法を学んだ。 通常の用途ではこれで構わないのだが、 研究などで書き込むセルの数が増えるとどんどん実行速度が 遅くなってしまう。 高速で動くがデータの変換ができない。 動作としては下記の処理をしているだけである。 ①CSVデータを読み込み Sample2. .netでExcelを出力する際に、 処理が遅い場合の見直しポイントを備忘録として残します。 データを2次元配列にして一括で渡す; プロパテイの見直し; 大事なことは、Excelへのアクセス回数を最小限にすることに尽きます。 1セルずつRangeやCellにアクセスして、